ログイン 会員登録
おすすめ!

皮膚へのビタミンC塗布は紫外線を浴びる前が効果的

この記事の執筆者

東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム 分子老化制御

1990年東邦大学大学院博士課程修了、薬学博士。1992年米国国立衛生研究所(NIH)、国立老化研究所(NIA)、客員研究員、1994年東京都老人総合研究所・細胞化学部門、研究員、2005年老化ゲノム ... [続きを見る]

目次

    紫外線B波(UVB, 280-320 nm)は、皮膚の表皮層に吸収され、炎症や細胞死の原因となる活性酸素種を産生します。皮膚へのビタミンC塗布は、この活性酸素種を消去すると考えられていました。しかし、その詳細は明らかではありませんでした。

    私たちは、ヒト皮膚3次元モデル(培養表皮)を用いてビタミンCが紫外線による皮膚障害に対して保護効果、治癒効果があるかを調べました。すなわち、紫外線を照射する前後の3時間にビタミンCを表皮表面に塗布し、皮膚障害への効果を調べました。その結果、紫外線照射の前または後にビタミンCを表皮表面に塗布すると、表皮にビタミンCが取り込まれ、紫外線照射による皮膚障害が抑制されました。また、その効果は紫外線照射後よりも、照射前にビタミンCを塗布した方がより効果的であることがわかりました。

    これらの研究成果は、2018年11月1日付けの英国科学誌Nature姉妹誌『サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)』に掲載されました。
    https://www.nature.com/articles/s41598-018-34530-4

    私が推奨する効果的なビタミンC塗布方法は、誘導体ではない純粋なビタミンCを含む美容液を朝や外出前、皮膚に塗布することです。
    また、口から摂取したビタミンCも、時間はかかりますが皮膚まで届きますので、日頃からビタミンCを十分に摂取することをお勧めします。

    この記事についてより詳しい解説と根拠となる資料や文献は会員サイトでお読みいただけます。